廃車にしようと思っている車でも買取してもらえるって知ってますか?

配車買取価格

※これは廃車買取価格のほんの一例です。


廃車するのに自腹で4万円の廃車費用を支払う、出来ればお金を使いたくないので廃車を無料で引取してもらう、次の車の購入資金に充てたいので15万円で廃車買取してもらう。あなたなら車を廃車にするときにどれを選びますか?廃車売る?それとも費用負担します?

 

廃車買取価格を調べてみる

車の廃車にかかる費用はいくら?

 

配車の費用はいくら?

 

車を廃車にするためには一般には解体費用と抹消登録費用が発生します。

 

抹消登録費用については永久抹消か一時抹消かで負担する金額が大きく異なります。ちなみに、永久抹消はもうその車を解体して二度と乗れない状態にする場合で、一時抹消は一時的に乗らないかまたは中古として車を販売する場合です。

 

永久抹消の場合

永久抹消の場合は、車体の引取費用、リサイクル料金、車体の解体費用、書類の作成費用が掛ります。ただし、これは費用をだいぶ節約するテクニックがあります。

 

解体屋さんに自分で車をもって行けば、その分車体引き取りの分の費用は無料になります。車体解体についても業者によっては無料で引き取ってくれるケースもあるようです。書類の作成も自分でやってしまえば無料になります。

 

注意が必要なのはリサイクル料金です。軽自動車か普通自動車か大型自動車か海外自動車かで大きく費用が異なります。軽自動車は8千円程度なのに対して、普通自動車は1万円、大型自動車は2万円、外車は1万6千円程度の費用が掛かります。

 

これを踏まえると、廃車に掛かる費用は総額で、軽自動車の場合は8,000円〜38,000円、普通自動車の場合は10,000円〜40,000円、大型自動車の場合は20,000円〜50,000円、海外自動車の場合は16,000円〜46,000円程度が廃車費用の相場になります。

 

一時抹消の場合

一方、一時抹消の場合は、書類を作成するのみですので、業者に頼んでもせいぜい10,000円程度です。手続きを自分でやってしまえば無料にすることも可能です。

どんな車でも買取査定してくれるところ

 

配車買取査定

 

中古車販売店は状態が良い車を好む傾向

 

中古車販売店が車の買い取りをする場合には、できるだけ状態の良い車を買い取りしたいという傾向がありますので、車を売却する時には、状態の良い車が好まれます。その理由は実に単純明快で、中古車販売店で車を購入しようと考える人ができるだけ状態の良い車を望むからです。

 

一方で、事故歴や修理歴がある車、あるいは年式がだいぶ昔の車などは、一般的な中古車買取店では買い取ってくれない事がよくあります。このような場合、車を手放すには廃車にして車を処分する必要があり、そのためには幾らかの廃車費用が必要になります。

 

 

どんな車でも買取査定してくれる業者を探すには

 

廃車に掛かる料金を支払わずに、逆に、廃車にしなければならないような車を売却したい場合には、どんな車でも買取査定をしてくれる業者を探すことです。

 

このような業者の利用は、査定限度額は一般的な市場での買取価格よりも低めになるのは否めませんが、廃車費用が掛からず、売却益が最低限入ってくる事が最大の魅力です。

 

廃車にしなければならないような車でも高価で買い取ってくれる理由は、海外での需要に対応する為であったり、オークションにおいて部品取りをしたいといったニーズに応える為です。ですから、車のボディが歪んでいても、修理した跡があっても、年式が古くても買い取ってくれるのです。

 

廃車のような車でも買取してくれる業者は、全国的に数多く点在しているわけではありません。ですから、地道に業者を探して、ひとつひとつ買取査定の依頼する事になりますから、とても面倒で選択肢も多くはあまりありません。このままでは廃車を売るには一苦労です。

 

そこで、便利なのが車買取業者の一括査定サイトです。一括査定サイトならテレビでも見かけるような有名な中古車販売点から地元密着型の中古車販売店やパーツ取扱店まで幅広くの買取業者がどのような車でもあなたの車を査定してくれます。

 

とりあず一括査定サイトで廃車買取価格を調べてみる

廃車同然の動かない車でも買い取ってもらえるのはなぜ?

 

廃車買取

 

日本車の品質は世界的に認められています。今では、小排気量の軽自動車でも走行距離が10万キロ位でしたら、たいした故障もしないで走りますし、20万キロから30万キロ走っているものもあります。これが、普通車や貨物自動車でしたら、さらに走行距離が長くても実用になりますので、古い車でも発展途上国などを中心に人気があります。

 

日本の場合には、古い車に対する税制などの優遇措置がありませんし、国民性も影響しているのか、車の寿命は諸外国に比べて短いのが実情です。しかし、上記のように古い車の再利用をする国々がありますので、そこへ輸出する業者があって、同時に、古い車を修理する時に必要な部品を輸出する業者もいます。

 

このように、日本では廃車にするような車でも、使えるものでしたら輸出に回せますし、不動車で修理不可能な車でも、使える部品があればリサイクルできます。また、金属部分なとのリサイクルも可能ですから、廃車同然の不動車であっても買取ができるわけです。

 

ただ、このような古い車を買取している業者を自宅の近くで探すのはちょっと大変です。そんな時には、インターネット内のサイトで、廃車買取一括見積などの無料サービスを行なっているところを利用すると、比較的簡単に買取業者をみつけられるでしょう。