車検切れの車を処分する方法

処分前に車買取の値段を調べよう!

 

 

 

 

車検切れの車を処分する方法

 

 

 

 

車検切れの車を処分する時の方法にはいくつかあります。例えば、次に車を購入する時に下取りしてもらう、中古車買取業者に買取ってもらう、解体処分する、譲渡するなどの方法を選択することが出来ます。中でも「再度、車を購入する可能性がある状況」の場合におすすめとなるのが「中古車買取業者に買取ってもらう方法」です。

 

例えば、下取りに出した場合には「市場相場に関わらず安定した価格で評価してもらうことが出来る」と言うメリットがあります。比較的価格の変動が少なく買取り相場が安定しているので、車種や車の状態にかかわらず安定した結果が期待できると言う点が大きな魅力です。ただし、評価基準が「市場価値では無くメーカー価値」で行われるため、金額的にはあまり高く売れない可能性が高くなってしまいます。

 

そこで、「中古車買取業者」を利用する方法がおすすめになる訳ですが、その最たる理由が「車を高く売ることが出来る」と言う点です。下取りの場合は評価基準がメーカーによって決められてしまいますが、中古車買取業者の場合は「市場の評価」が価格に反映されます。つまり、「評価が高い車は高く買取ってもらうことが出来る」という事になります。

 

市場評価が価格に大きく影響してしまうため、評価が高い車は高く売れますが評価が低い車はほとんどお金にならないという事もあり得ます。特に、廃車同様の状態になっている車は、「仮に市場評価が高くとも」買取金額が非常に安くなってしまいます。車検切れの車の場合、実質的には廃車ではなくとも評価は非常に下がってしまうので買取業者選びを慎重に行う必要があります。

 

車検切れや廃車状態の車を売る時には、一般的な中古車買取業者だけでなく「廃車買取専門業者」を利用することも検討すると良いでしょう。一般的な買取業者の場合、「買取った車が商品として売れるかどうか」によって価格が変わってきます。状態が悪い場合には「ただで引き取る、もしくは処分費用を請求される」と言う可能性もあります。

 

仮に処分費用を支払ったとしても、解体に必要な手続きや費用を支払う事を考えればメリットはあると言えます。しかし、せっかくならば「費用や手間を削減しつつお金に換える」という事を目指した方がお得です。廃車買取専門業者の場合は、買取った車を販売することを目的としていない為、一般的な買取業者よりも「買取り対応」してもらえる範囲が広く設定されています。しっかりとお金に換えつつ、面倒な手続きを代行してもらえるのでとても便利です。