廃車を買取してもらうときの必要書類

廃車を買取してもらうときの必要書類

 

 

 

 

廃車買取業者に古い車や不動車などを買取してもらう時には、廃車手続きのためにいくつかの書類が必要になります。これは、車の種類などによって、揃えるべき必要書類が多少違ってきます。
まず、普通車で車検証の所有者の人が廃車買取に出す場合からみてみます。車検証の住所と現住所が同じ場合には、車検証と自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)・実印、譲渡証明書、委任状、(本人確認書類)です。
もし、車検証の住所と現住所が異なっている時には、前住所が車検証と同じでしたら、上記書類に加えて住民票(発行から3ヶ月以内)が必要です。また、車検証の住所が、前住所より前のものになっている時には、住所変更が連続していることを証明できる戸籍付表(発行から3ヶ月以内)が必要です。
ここまでは、車の所有者と買取してもらう人が同一である場合でしたが、ローンなどの残りがあったりする場合には、車の所有者がローン会社などになっていることがあります。この時には、廃車買取業者に相談してみて下さい。車の売却は所有者しかできませんので、所有権の変更あるいは所有者の承諾が必要になります。そのため、所有権解除申請書や所有者に用意してもらう書類が必要です。
それでは、軽自動車の買取の場合にうつります。まず、車検証の所有者が買取に出す人と同じ場合です。必要書類は、車検証と自賠責保険証、リサイクル券、認印(実印や印鑑証明書は必要ありません)、申請依頼書、重量税還付申請依頼書、(本人確認書類)です。
もし、車の所有者が買取に出す人と違う場合には、普通車での説明と同じで、所有権の変更等が必要になりますので、業者に相談してみましょう。
なお、廃車買取の時には、車検が切れていることもあるでしょう。この場合には、自賠責保険証の期限が切れていたり、この書類そのものがなかったりしますが、車検切れの時には自賠責保険証は必要ありません。また、リサイクル券は、自動車を廃車する時にかかる費用を前払いしたことを証明する預託証明書のことです。
さて、廃車買取で車が引き取られて、上記の書類を業者にわたしますと、業者側で廃車手続きを行なってくれます。そして、実際に廃車手続きが完了したことの確認のために、一時抹消登録証明書の写と使用済自動車引取証明書が業者から提出されるはずです。
廃車関連で必要となる書類は以上ですが、これら書類をあらかじめ用意しておきますと、買取の手続きが思っているよりも早く進みます。