廃車買取価格の相場を比べてみた

廃車にかかる費用の相場

 

 

 

 

乗らなくなった自動車の処分をするときは廃車にします。
廃車には永久抹消登録と一時抹消登録の二つがあり、自動車を解体して登録を抹消する方法を永久抹消登録、一時的に使用しないがいずれ乗る予定がある自動車の登録を抹消する方法を一時抹消登録といいます。

 

 

 

 

永久的に登録を抹消する目的はもう乗らない(乗れない)からということですが、一時的に登録を抹消する目的は、自動車税の負担を減らすためです。登録したままにしておくと乗っていなくても自動車税がかかってきてしまいますが、登録を一時的に抹消しておけば税金はかかりません。
再び乗るときには、再登録をすることで使用できるようになります。
いずれも手続きは管轄の陸運局にて行えます。
永久抹消登録をする場合はナンバープレートを外して自動車を解体、永久抹消の書類を提出するのと同時にナンバープレートを陸運支局に返します。一時抹消登録をする場合はナンバープレートを外して、一時抹消の書類を提出するのと同時にナンバープレートを陸運支局に返します。

 

 

 

 

さて、気になるのは廃車手続きにかかる費用でしょう。
永久抹消登録をする場合の費用内訳は車体引き取り料金、リサイクル料金、車体解体料金、書類作成料金がかかります。自動車の重量によって費用は異なりますが、相場は1万円〜5万円になります。
一時抹消登録をする場合の費用内訳は書類作成料金のみです。自動車の重量に関わらずほぼ一律で、相場は1万円程度となっています。

 

 

 

 

ただ、自分で出来ることは自分でやってしまえば費用を削減することができますし、自分で手続きできないので廃車代行業者に依頼するとなれば代行料金が追加されます。

 

 

 

 

さて、上記を見て分かるように払えないような大金がかかるわけではないですが、できるだけお金をかけずに処分したいと考えるのなら廃車買取業者の査定を受けるのがおすすめです。
この業者は事故車、水没車、不動車など比較的どのような状態の自動車でも買い取ってくれます。これならお金を貰って自動車を処分することもできるので損がありません。
状態が悪い自動車でも買い取ってくれる理由としては、資材としての鉄くずへの価値があるからです。また、年式が古い、走行距離が伸びているなど日本では中古車としての価値もないような自動車でもきちんと作動すれば海外へ輸出することもできます。
中には査定出来ない自動車もありますが、無料で引き取ってくれる業者は多いのでいずれにしてもお得な処分が期待できるでしょう。