廃車買取の手続きの流れ

廃車買取の手続きの流れ

 

 

 

 

廃車買取業者は、事故車・不動車・水没車などのディラーでは下取りできない廃車されるべき自動車などを買い取ってくれる業者です。実際にはネット上でも廃車買取を行ってくれる専門業者がたくさん存在しますので、そのサイトに出向いて必要な手続きに従って行えば、難なく買取を行ってくれます。

 

その廃車買取手続きの流れの中では、まず必要となる書類を揃えることが肝心となり、自動車の所有状況に応じて、必要書類が違ってきます。従って、どんな書類を必要とするかについては、状況に応じて揃えることとなります。

 

初めに買取対象車が普通自動車か軽自動車かによって違いが生じます。軽自動車の場合なら、所有者本人の所有か、ローン会社や信販会社などの他人所有かによって異なります。

 

そして普通車の場合も所有者本人の所有であるかどうかで違いが生じ、しかも自動車購入後に引越しをしたかどうか、1回引越しをしたか2回以上引越しをしたかによって必要書類が違ってきます。そのため、自動車の所有状況に応じて、それぞれに対応した必要書類を揃えることとなります。

 

必要書類を揃えることが出来たら、今度はホームページ上のフォームか電話のどちらからか申し込みを行います。すると査定金額の見積もりがなされ、その見積もり額が提示されるので、買取を行って貰うかを検討します。

 

見積もり額に納得した場合は、その旨を買取業者に告げ、今度はいつ引き取って欲しいかのお引取り日時を連絡することとなります。それが完了するとサイトの業者スタッフが、希望の日時に引き取りに来るので、必要な書類を揃えておきます。

 

それを引き取り日当日にスタッフに提出して自動車を引渡しをすれば、「一時抹消登録証明書」のコピーと「使用済自動車引取証明書」の二つの書類が後日郵送されてくるので、それを受領したら完了となります。あとは査定した金額が口座に振り込まれるのを待つだけで良く、以上がその手続きの流れです。

 

廃車買取業者では、廃車を行ってもその自動車を構成していたパーツなどが利用することが出来るため、それをリサイクルする目的で買取が行われます。従って、事故車・ディーゼル車・10万キロ走行、故障車など幅広い自動車に対して買取を行ってくれます。

 

ディーラーで買取査定金額が走行できるかの観点で査定を行うため、ゼロの場合や安いケースも多くなってしまいます。しかし廃車買取業者には、走行できるかどうかの観点とリサイクルできる部品が多いかどうかの観点で査定を行うため、高額査定になることが多いです。